2017年4月 1日 (土)

本は、好きで、作んなきゃ。

新刊「瀬戸の島旅 しまなみ海道+17島めぐり」が、瀬戸内ブランドに認定されました。事務局より昨日の夕方にその連絡をいただきました。 昨日校了という微妙なタイミングで、どうしようかなと思ったのですが、今から表紙デザインを変えて入れ込むことは断念しました。 そのかわり、ロゴシールを貼って「瀬戸内ブランドバージョン」を作り、瀬戸内ブランドショップなどに営業をかけようと思います。 本のできも、すっごくいい、愛媛―広島の島の良さを伝えようとスタッフ一同みんながんばってくれたなあと思います。 昨夜表紙ができた「神戸阪神間 美味しい酒場」もそうですが、編集もライターもデザインもカメラも、本気でそれが好きだと思って作っているかが読者に問われているように思います。「それは趣味やで、プロは言われたもんは、なんでもつくらんといかん」という声もあるでしょうが、ネットのおかげで「素人の本気で好き」が無料で手に入るよ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

「能の本」アマゾンで品切れというかコンテナが無くなって、古本屋さんだけが販売しています、しかも、倍ぐらいの値段で。設定はちゃんとしてあるんで、そうなるはずはないのですが、やっぱり直取引をしなかった嫌がらせなんでしょうかねえ。現在の事務所在庫は300冊。 確かに減ってはいるのですが。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は岡山

岡山での打ち合わせから帰ってきました。その前に「瀬戸の島旅 しまなみ海道」の表紙コピー書き。表4に使う写真だけは決めきれなかったので、岡山まで持って行って、みんなに「どれがいい」って聞きました、はたして、僕の思いとは別物のをみんな支持、しゃあない、それに決めました。でも、中身はみなさん絶賛。 ついでに「京都と出会う自転車BOOK」もみてもらいました。いい反応。 「「能の本」普通は能なんて興味ないけど、内山さんが作ったんやからと読んでみたんよ、すっごく面白かった、機会があったら能、観に行くわ!!」こんなお言葉もいただきました。ありがたいことです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「京都と出会う自転車BOOK」表紙&カバー完成

「ちずたび 京都と出会う自転車BOOK 市内版」表紙&カバー完成しました。 4月中旬発売、書店さんでご覧ください。 昨日デザイナーさんとマックの前で、「これ、こうしようよ」「こっちは、こっちにうつして」「ああああ、コピー書き換えるわ」「それ、ちゃうんちゃう」「ええなあ、ええやん」と言葉を行き交わしながらの数時間、ようやく完成しました。そして、入稿。   昨年発売の「ちずたび びわ湖一周自転車BOOK 市内版」は、自転車乗りのためのガイドブックですが、今回は、町乗り用。日常使用でもあり、観光仕様にもなっています。 おすすめコースに加えて、親子で走るコースも入れました。 はじめての親子自転車旅、このページもいい。 びわ湖が現在二刷り11000部なので、今号はその三倍くらい読者に届けたいと思っています。   その足で、京都のコンビニさんに卸している会社へ。 1000部前後扱っ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

豪華なフリーペーパーのイベントがあります。

佐賀県と長崎県が企画して、西日本新聞の出版部が制作。ライターや編集も一流どころを揃え、デザインなんて「つるとはな」の人みたいです。 内容は、二つの県の観光と文化。 このフリーペーパーの発行を記念して、今週末大阪のスタンダードブックストアと京都の丸善で、前出の一流どころの皆さん6人が集まってデザインや写真や言葉を語ります。 西日本新聞出版部と言えば、私的に、提携している仲間、そこから宣伝を頼まれたら、書かないわけにはいけません。   ただね、これを行政が作ることには疑問があります。しかも、ただ、無料ですよ。 造本は144PB5変形。普通なら1000円以上するりっぱな雑誌、それをただでくばるものにするとは・・・・。 広島の「泣ける広島」キャンペーンで作られた、地元有名人総出演、グルメ情報満載で大判150ページほどもある、りっぱな無料配布のガイドブックもそうですが、これがただだと、普通...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

明日は、ジュンク堂で講演会。

いよいよ明日です。 3月12日14時から、堂島のジュンク堂大阪本店で「美しい刑務所 明治の名煉瓦建築奈良少年刑務所」発売記念として、著者で編者の寮美千子さんのトーライブを行います。 奈良少年刑務所で、少年たちに詩を教え、刑務所そのものの保存運動の先頭に立ってきた尞さんのお話し、 彼女は、泉鏡花文学賞受賞の作家さんでもあるので、その言葉の力はすごいの一言です。 今回は、入場無料ですのでぜひおいで下さい。... もちろん、本を買っていただけるとなお嬉しいです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

おひさしぶりです。

今、旅から帰ってまいりました。 「ねてもさめてもとくし丸」の編集会議からはじまった今週。 「能の本」について、監修をやってくださった辰巳満次郎さんとともに大阪・東京・名古屋と三拠点で、三社の新聞取材を受け。 東京都書店組合さんで先週文芸春秋さんから発売された、城戸久恵さんの「黒島の女たち」とともに「黒島を忘れない」のセット拡販をやってくださるということで、プレゼンにお伺いして組合員のみなさまの前で、城戸さん、「黒島を忘れない」の小林さん、の著者連とともにお話しし。 関東の書店チェーンの本部さんと新刊の仕入交渉をおこない、名古屋の取次さんで、これまた新刊6点の仕入交渉をさせていただくという、目まぐるしい日々。 新刊の企画も、みなさんとお話ししているうちになんか新たに芽生えてきました。 そして・・、おなかが減ってきました。   来週月曜日、6日は、辰巳満次郎さんとともに新聞取材を受け...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

奈良はええなあ

昨日は、奈良県書店商業組合の総会に出席してきました。税理士さんとの決算の打ち合わせが長引いて、いつものように、会が始まって少しして到着、カーナビが言うには間に合うはずだったんですが、すみません。だれにあやまっているのかわかりませんが、受付で、「今日は早いんですね」とベニヤ書店さんに言われたところをみると、いつものことのようです。そんなわけで、総会ゲストの広島の書店さんの講演に途中から入って聞き、終わってから宴席へ。そこで、会長の林田さんから「乾杯のあいさつ、たのむな」、「えっ!」「なんも考えてませんよ」、「大丈夫や、僕が先にあいさつすんねんけど、なんも考えてない」。ちゃんと紙に書いたものを読んではりました。 書店さんの集まりには、全国各地行くんですが、かんぱいはいつも、東京の大手版元さん。一番儲けさせてもらっているから当然だとはいえ、地元の版元がやればいいのにといつも思っていました。例外は...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

あちこちに西日本出版社が

ここに書くのは実に半年ぶりの7月、決算月です。今期は、ひさびさの停滞期、ちょっと作る方に時間を取りすぎました。やっぱり本屋さんを丁寧に回らないといけないなあと思い返しています。4月に新入社員が入って、なんかいろいろ楽しくなってきました、この感じがこれから西日本出版社の本に現れてくると思います。 さて、最近苦情の電話が、ぼちぼちと。 どうも、九州に西日本出版社があるようで、教材の訪問販売の会社らしいのですが、ここがお子さんのいる家庭に電話をかけてきて、とにかくしつこく切らないそうです。しかも、電話番号は非通知、あやしいよなあ。 そこで、ネットでうちの電話番号を調べてかけてこられるというわけです。 ちなみに会社名は、本社住所の市町村が違えば、概ね自由につけられるそうなんで、この点で、うちが「あかん」と言える立場ではないんですけど、「うちやないんですよ」というのを理解してもらうまで、ちょっと大変...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

サイン会のご報告

「笑福亭晃瓶の京都ほのぼの暮らし」トーク&サイン会、喜久屋書店草津店さん、大垣書店京都ヨドバシ店さん 、合わせて300人近くのお客様においでいただきました。ともに会場に入りきらない状態でしたが、近所のお店 も場所を提供してくださって、晃瓶さんも、「ええお店ですよ、買ってくださいね」とトークでもりあげ、爆笑と 感動の4時間でした。「やっと会えた、会いたかってん」と、嬉しくて晃瓶さんの顔を正面から見れないのか、 みなさん、サインしやすいように本を押さえている僕に向かっておっしゃいます。「ぼくちゃいますよ」といいな がら、見つめあう瞬間も多かった、ああ、本はほんまいいですね。 次回は、19日14時から京都駅八条口のアバンティブックセンターで行います。 ぜひ、遊びにおいでください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«お正月は、古事記を読もう