トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月13日 (日)

トーハン会月間

畿トーハン会楽市楽座、神戸トーハン会、大阪トーハン会青年部、と今月は、トーハンさんの書店さんの会に出続けています。青年部は今週なので、まだ出ていませんけどね。

楽市楽座は94社の出版社がブースを出して、200人ほどの書店さんと商談をする会。ひさしぶりにお会いする書店さんも多く4時間ほどの時間を楽しみました。
神戸トーハン会は、書店博のタイトルで22件の書店さんがブーズを出し、30社ほどの出版社がブースにおじゃまして商談をする形式、一回10分と時間が限られていたので、せわしない話でした、この会は有馬温泉で泊まりで行われるので、その後懇親会、部屋に帰ってからの飲み会と、深夜まで業界事情について語り合いました。
ある書店さんから、やくざさん系雑誌や書籍が急激に売れへんようになってんねん。幹部さんが登場するので、あの世界の人はわりと律儀に買うてくれんねんけど、不況やねんねえ。そうらしいです、みなさん。
今週の青年部の会は、出版社が20件ほどの書店さんの前でプロモーションし、その後飲み会という段取り。
僕は、その前に商工会議所の理事会があるので、飲み会から参加です。

どの会も、営業になっているかというと、それぞれの参加費数万円を回収できるほどにも注文はいただけません。

参加書店さん的には、注文しても本を入れてくれない大手出版社の営業さんとのパイプ作りと、慰安が目的なんだろうなあと思うので、しかたないんでしょうねえ。

でも、まあ、参加してることで存在感は感じてもらっているでしょう。

どの会も、地元関西からの参加は、数社。
もっとみんな参加したらええのになあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年7月 »