« がっくし。 | トップページ | 医療を支える関西オカンの会 »

2010年7月22日 (木)

瀬戸内国際芸術祭と讃岐うどん

「瀬戸内国際芸術祭」が始まった。
7月17日から100日間香川県の島々と高松で行われる現代アートの祭典です。
香川県と言えば当然讃岐うどん「香川まで行ったら、うどん食うでしょう」と、現代美術増刊で出た公式ガイドブックと、うちの「超麺通団4 麺通団の讃岐うどんの巡り方&讃岐うどんの基礎知識」、加えて、るるぶ香川、まっぷる香川、エルマガムック四国本他、を並べてフェアをしようと書店さんに呼び掛けているのだけれど、どの担当者も乗り気薄。
瀬戸内国際芸術祭の人気がいまいちだから・・・、というわけではなく、公式ガイドブックは芸術書担当管轄、超麺通団4以下は、旅行書担当管轄だからなのです。
この壁、担当さんが剛毅だと問題ないのですが、なかなか、これが越えられない。
でも、先ほど、旭屋書店難波店さんから、「うちはやるよ」という連絡をいただきました。
そうこなくっちゃ。
他の島本なども並べて売るそうです。
こういうことをやった時、結果が出ると、書店さんは元気になります。ぜひ、買いに行きましょう。

|

« がっくし。 | トップページ | 医療を支える関西オカンの会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内国際芸術祭と讃岐うどん:

« がっくし。 | トップページ | 医療を支える関西オカンの会 »