« MOP最終講演 | トップページ | 新刊 »

2010年8月29日 (日)

広島に原爆を落とす日

泣きました。
もう、つかさんがいないのだと思うと、舞台を観ながら泣いていました。
つかさんの芝居です。
30年近く前、初演を観ています、風間杜夫平田満、ヒロインは、これがデビューのかとうかずこ。
中身は大分変っていました。
前の方が良かったような気がします。でも、泣きました。
主演は筧利夫さん、芝居を初めて二回目の舞台が、この「広島に原爆を落とす日」だったと、どこかでお話しされていたと思います。
当時、つか芝居をやっていた新感線での出し物。つかさんの子です。
昨日見た、MOPもつか芝居で成長した第三劇場の進化系、つかさんの子です。
僕も、大学一回生でつか芝居と出会い、表現の世界で生きていこう、愛と平和を伝えていこうと思ったものです。
つかこうへいの名は、いつか公平な社会を作るという意味で付けた名前だと、最近知りました。
今日、ひさしぶりにつかさんの芝居を観て、志だと思いました。
志に生きる、それこそが大事なんだと。

つかこうへい事務所が無くなり、売れっ子女優さんや、ジャニーズさんが出るようになってから、つかさんの芝居を観なくなりました。
観とけばよかったな、今日心からそう思いました。

最後に、恒例次回作の予告編もされていました、「いつも心に太陽を」「熱海殺人事件」「蒲田行進曲」、観たよなあ、予告編も芝居も。
30年前にタイムスリップです。
石丸さん、加藤さん、風間さん、長谷川さん、平田さんのつか芝居ではないけど、つか芝居の子たちの芝居、F1の爆音のような長セリフ、ひとつひとつ泣けました。

来週から、若い子たちの芝居も観にいきます。
毎週芝居に行っていた、10代後半から30代中盤。

そして、仕事も志に生きるぞ、志を伝えるぞ、伝えるためには売らなきゃ。明日から、また、走り回ります。

|

« MOP最終講演 | トップページ | 新刊 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島に原爆を落とす日:

« MOP最終講演 | トップページ | 新刊 »