« 円高ではダメなのですか。 | トップページ | お台場で出張販売 »

2010年9月18日 (土)

14日ぱんぱく参加

14日、日販さんが、大阪市中央公会堂で行った、ぱんぱくに今回も参加。「ぱんぱく」って何、そうですよね。分かりませんよね。出版取次の日販さんと取引のある出版社と書店さんとの商談会なのです。出版社60社ほどがブースを構え、書店員さん120名ほどがそれぞれのブースを訪れ、新刊情報やすでに出ている本の中で今売れているものは何、などの情報交換を行い、その場で仕入れ交渉をするというイベントです。午後1時から午後5時まで、4時間に渡って、うちのブースに来てくれる書店員さんに、「この秋は、この本を売りましょう」と売り込み、注文をいただきます。うちのこの秋のお薦めは、すでに出版済みのものから「京都自転車マップ 京都市内版」「京都自転車マップ 京都郊外版」「超麺通団4 麺通団の最新讃岐うどんの巡り方&讃岐うどんの基礎知識」「まるまる丹波篠山」どれも、他の出版社では類似品の無い、すぐれもの。

新刊では、「大阪食文化大全」、写真集「笑とる仏」「知って得する税務調査の奥の奥」、そして出たばかりの「ぎゅーっと抱きしめ子育て法」これも、類書が無い本たち。おかげさまで、たくさんのご注文をいただきました。

前回、参加の時、大阪でやっているのに関西の出版社が、参加50社強のうち、うちと創元社、エルマガ、淡交社ぐらいで少なかったので、今回は、日販さんにお願いして、うちが幹事をやっている「版元ドットコム西日本支部」の名前で、高菅出版、東方出版、メディアイランド、松籟社、光村推古書院の合同出展させていただきました。

書店さんも、こんな出版社があるんやと、思ってもらえたのではないかと思います。なにしろ、関西は出版業発祥の地ですから、もっともっと知ってもらわないとね。

終わってから、みんなのと飲みに行きたかったのですが、「知って得する税務調査の奥の奥」と「笑とる仏」の校正作業のため、帰社、お仕事をしているうちに夜はふけていったのでした。

|

« 円高ではダメなのですか。 | トップページ | お台場で出張販売 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14日ぱんぱく参加:

« 円高ではダメなのですか。 | トップページ | お台場で出張販売 »