« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月26日 (水)

10月30日、11月6日、サイン会です

梅田、奈良、江坂、三宮とやってきた、「銀瓶人語vol2」のトーク&サイン会も、残すところあと2回となりました。

ぜひ、生銀瓶人語を聴きに、来てください。

日時 10月30日 16時から

場所 ジュンク堂書店難波店

大阪市浪速区湊町1丁目2-3 マルイト難波ビル3F 

電話: 06-4396-4771 です。

参加方法 ジュンク堂書店難波店で「銀瓶人語vol2」をお買い求めいただいたお客様に、整理券を配布いたします。

電話での整理券のご予約も承ります。

日時 11月6日 15時から

場所 大垣書店四条店

京都市中京区烏丸通四条上ル 京都御幸ビル2F

    電話: 075-253-0111

【地下鉄】烏丸線四条駅 北改札口 【阪急】京都線烏丸駅22番出口を出て左隣(ラクエ四条烏丸北側)のビル2F

参加方法 大垣書店四条店で「銀瓶人語vol2」をお買い求めいただいたお客様に、整理券を配布いたします。

電話での整理券のご予約も承ります。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年10月16日 (日)

伝統工芸手作り市

今日は、浜屋敷の伝統工芸手作り市で、午後から、北海道産の野菜とジャムの販売をして、今、テントのばらしや、もろもろの後片付けを終えて帰ってきました。

秋晴れ、すごいなあ、ものすごくたくさんのお客様が来てくださいました。

浜屋敷の室内で行われていた、伝統工芸の職人さんが、一般のお客様と、欄間やスズ食器づくりなど、いろいろな技術を指導する講座、みんな真剣で楽しそうでした。

昨日は、朝から手作り市の設営を手伝って、午後は、銀瓶さんの落語会。
なんと会場は、新地のバー。20人ぐらい入ったらいっぱいの渋いバーに、50名近くのお客様が集まり、さながら満員電車のよう、笑いも、どっかんどっかん、きていました。もちろん、僕は、「銀瓶人語」の販売、売れましたねえ。銀瓶さん、みなさまありがとうございます。
浜屋敷の手作り市も、銀瓶さんの落語会も、出演者・スタッフ・お客様の三位一体で、すばらしいものになっていました。

このような場に立ち会える幸せを、ほんま感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

ブックエキスポ 秒読み

ブックエキスポ。

関西の書店さんが中心となって企画した、出版社との大商談会です。11月11日11時決行!!今日は、その準備会でした。

参加出版社数130超え、参加書店員数400人超えという、大イベント。僕も実行委員に入っています。

月一回ペースで、会議を重ね今日が6回目にして、最後の事前会議。

後は、当日の成功を祈るのみ、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

京都と奈良

先日の西山さんと田中ひろみさんのトークセッションで、西山さんが「奈良は古都だけど、京都は違う」とおっしゃったんですね。

「えっ・・・」です。でもなんとなくそうかもとも思いました。

続けて「都というのは、先端なんです、常に、新しくなっている、京都は明治に入るまで都だった、つまり、京都に残っているのは江戸時代なんです」ほんまや。

「奈良の都は平城京で終わった、だから」平城京の時代が残ってるんや。

奈良で過ごしてきたのに、なんか嫌で、23歳で奈良を出て、最近、気になる奈良。京都と奈良は、同じ古都でも、なんか違うと思っていたけど、そういうことか。

東京に江戸は、ほんとは残ってないもんな。

昨日今日は、広島に行っていました、新幹線の中で、このことを反芻していました。自分の中の奈良回帰の声に応じて、「拝んでしあわせ 奈良の仏像100」を作り、「極・飛鳥」をだし、今、「わかる古事記」を作っています。奈良が気になりながら、奈良の今に興味が持てないのもこんなとこからきているのでしょうか。

広島では、取次のトーハンさんと取引している、四国4県と、岡山広島鳥取島根の書店さんと、僕ら出版社の商談会&懇親会があって、この会に出席してきました。うちの本たちの興味を持ったみなさんが、たくさん立ち寄ってくださって、本の話、いっぱいできました。

話が後になってしまいましたが、笑福亭銀瓶さんの「銀瓶人語」トーク&サイン会、ほんとに多くのお客様が来てくださいました、銀瓶さんのトークも冴えわたり、笑いもどっかんどっかんきていました。

サイン会に来て本を買ったお客さま、ほんとお得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

今日は、江坂でサイン会

御堂筋線江坂駅直結、リブロ江坂店で14時から、笑福亭銀瓶さんの、トーク&サイン会を行います。ぜひ、みなさん、おいでください。

昨日の奈良のサイン会、ありがとうございます。盛況でした。銀瓶さんのしゃべりも冴えわたり、爆笑の渦、いいですね。大阪からもラジオを聴いて、来てくださったお客様もいらっしゃいました。楽しいサイン会でした。

終わってから、同時間に、近所で行われていた、田中ひろみさん講演会に、「拝んでしあわせ 奈良の仏像100」を販売に。今回は、啓林堂書店の外商さんに出張販売をお願いしていたので、やることはなかったのですが、ご挨拶もかねて応援参加。こちらでも、多くのお客様が本を買ってくださいました。

さあ、帰ろうと思ったら、「これから奈良国立博物館の西山先生と、公開対談をするねんけど、本売りに来てもええよ」と、田中さんから。「こら売りに行かなあかん」と、啓林堂さんから、本を10冊借りて、会場の喫茶わかくさへ。

対談は17時から、16時半まで、ところが話が盛り上がって、西山さんの後の予定の担当者から「もう、ええかげんに終わって来てください」と電話が入って、やむなく終わったのが21時40分。仏像の話はもちろん社会論、宗教論、話はあちこちに飛ぶけど、面白い。田中さんは、ちょっともてあそばれていて、そこが、ちょっとキュートでした。

駐車場が10時に閉まるということだったので、終わってすぐ、ダッシュ。

近所のスーパーで晩飯を調達して帰宅、興奮さめやらず、どーっと飲んで、がーっと食って、寝ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

今日は、奈良で銀瓶さんサイン会

「銀瓶人語vol2」発売記念、笑福亭銀瓶さんトーク&サイン会が、近鉄奈良駅近所の啓林堂書店ビブレ店であります。
生銀瓶人語、ぜひ、聴きにおいでください。

西日本出版社
内山正之

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

明日は、あすか

火曜日に大阪を出発、岡山ー香川ー福山ー津山と回って、さっき帰ってきました。

文庫版「超麺通団1」「超麺通団2」の営業、「古事記」本に対する書店さんの感触調査、「瀬戸の島旅」の編集会議と営業。

途中、地元のテレビ局に立ち寄って、人気アナと、「瀬戸の島旅」で番組ができないか、話をしたり、書店さんで、広島では「広島本大賞」を、オール書店人&タウン誌編集者でやっていて、盛り上がっているという話を聞いたり、楽しい旅でした。

それぞれの本が、どの地域でどれぐらい売れそうか、あくまでも、書店さんの担当さんたちと話してですけど、ちょっと思っていたのと違っていたので、戦略修正せんとあかんなあ、事前に分かってよかったです、ほんま。

「古事記」が、思っていたより人気でした。「この内容だったら、ベストセラーになるかも」、そのお言葉、神棚に飾っておきます。

ちょっと、ばてましたが、明日は、あすか(飛鳥)。

朝9時から橿原神宮で「極・飛鳥」を売り、午後から石舞台の前で「極・飛鳥」を夕方まで売っています、気が付いたら、声をかけてください。はげみになりますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

ひさびさのラジオ

ちょっと、書き込みが前後ろになりましたが、30日、fmココロのkiyomiさんの番組に出演してきました。僕の本づくりについてのあれこれを、しゃべってきました。5分の予定だったのですが、10分以上もしゃべってしまい、ちょっと、あきませんでしたね。

kiyomiさんもまとめようまとめようとしてくれてたんですが、話が湧いてきて、新たな話を始めてしまって・・僕なんですが、ちょっと反省です。

でも、「聞いてたよ」とたくさんのメールをいただきました。

ラジオ関西を中心に、時々、ラジオに出してもらっていますが、何回出ても、ラジオは楽しいですね。また、出演依頼をいただけるよう、がんばろっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀瓶さん、落語会

昨日は、昼夜、銀瓶さんの落語会で、「銀瓶人語vol1」「銀瓶人語vol2」を販売。

思いのほか、vol1が売れました。まだまだ、持っておられない人もいらっしゃるのですね。vol2の発売を書店さんに告知したとき、どーんとvol1が返ってきてしまったのですが、もう一度営業しなきゃ。

10月9日14時からの啓林堂書店ビブレ店、101014時からのリブロ江坂店でのサイン会が近づいてきました。なんか、とっても楽しみです。

今週は、4日から3泊4日で、岡山ー香川ー広島と、車営業。「銀瓶人語」「超麺通団」の追加のご注文をいただくのはもちろんですが、今回は、11月に出す文庫版「超麺通団1」「超麺通団2」と、来年の新刊「わかる古事記」「瀬戸の島旅」の配本希望数をいただく、事前営業も大きなテーマ。5000部、5000部、5000部、25000部の注文を取らないと、出せません。この秋は、勝負です。

その前に、明日は飛鳥に営業。

サイン会が終わったら、また、広島営業ですし、今年も旅尽くしの日々が始まりました。「古事記」の里、山陰にもいかなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »