« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

お正月は、古事記を読もう

櫻井よしこさんが、週刊新潮に連載している「日本ルネッサンス」に、古事記を読もうという話を書いています。
「神話はただの物語ではない、古代の人が体験したこと、願ったこと、そうありたいと努力したことが書いてある」「古代から日本人は権力者の独断を避け、合意で統治した国だった」「オオクニヌシは国を完成させて、アマテラスオオミカミに国を譲った」「オオクニヌシは自分のために日本国を造ったのではなく、アマテラスのために働いた」「国譲りを受けたアマテラスオオミカミは、自分の子孫神に統治をさせるために、天降りさせるが、そのとき、どの神がふさわしいか、他の神々にそうだんして決めたのである」、まあ、こんなことを書いてはるんですが、国譲り神話は、タイトルはそう呼ばれていますけど、実は、オオクニヌシの息子を力づくで倒し、諏訪湖まで追って、「私を殺さないでください、国は譲ります」と言わせているんですね。
また、天孫降臨も、そのメンバーは、アマテラスがお隠れになった時、岩をこじ開けて、表に連れ出した面々、そのまま。たまたまやんなあ、って、そんなことありますか。
敗戦を終戦、国...軍を自衛隊と言い換えてる、今、そのまんまですやんねえ。それがアカンと言ってるわけではないんです、古事記に描かれた、生命力というか、猥雑さ、嫉妬する人々、権力闘争、裏切り、ねたみ、そねみ、そんな人間の闘争本能が、古代日本を作り上げたということを、あからさまに書き残したという点で、古事記はすごいんです。普通隠しますよね、こういう、裏の歴史になるようなことは、権力者の方が作った本ですもの。
よく、子供に「古事記を読まさないといけない」とおっしゃる、保守派の大人の方にお会いするんですが、「読んだことあって、言うてはるんやろか」といつも、思います。
思うに、櫻井さんも、古事記のダイジェストか解説を読んで、書かれているんではと思います。
とは言え、このお正月「マンガ遊訳 わかる古事記」(西日本出版社刊)を読むのは、正しい過ごし方だと思います。奈良県の古事記出版大賞太安万侶賞をいただいた、いい本です。古代日本人のパワーを感じ取ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

笑福亭晃瓶さんトーク&サイン会決定 

笑福亭晃瓶さん「笑福亭晃瓶の京都ほのぼの暮らし」

トーク&サイン会のお知らせ

 

「笑福亭晃瓶の京都ほのぼの暮らし」の発売を記念して、笑福亭晃瓶さんトークアンドサイン会を行います。

参加するには、それぞれのお店で本を買って整理券をもらうという方法と、お電話で本とサイン会の予約をして、当日おいでいただく方法があります。

 

1414時から、草津のイオンモール2階にある、喜久屋書店草津店で行います。

お電話番号は、077-516-1118です。

 

1514時から、京都駅中央口から出て京都タワーを超えたところにある、ヨドバシカメラ6階、大垣書店京都ヨドバシ店で行います。お電話番号は、075-371-1700です。

 

11914時から、京都駅八条口のアバンティ6階にある、アバンティブックセンターで行います。お電話番号は、075-671-8987です。

 

予約が埋まってしまう可能性もございます。

今すぐ、予約のお電話を!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

生き残るということ

もう12月になってしまいました。しかも、もう半ば。昨日は宇治で笑福亭晃瓶さんの落語会で「笑福亭晃瓶の京都ほのぼの暮らし」の出張販売に行ってきました。ホールの350席はほぼ埋まり、爆笑に次ぐ爆笑。本も133冊も売れました、今日から書店さんで発売なんで、先行発売ということもありましたが、ほとんどのお客様は家族やお友達と一緒に来られています、350人のお客様で133冊売れということは、ほぼ全グループが買っていかれたことになります。晃瓶さん愛されてますね。「もっと男前やおもてたわ」「おもんなかったら、お金返してもらうで」みなさん、なにがしかつっこんでいかれます、そして、笑顔で「うそやがな」と落とさはります。関西ですね。初版は3000部、すでに1000部発売前に重版しました。年があけたらサイン会もあちこちでやります。楽しみです。

今年は、前半よくて、後半ちょっと厳しかった、特に消費税が上がるのが決まってからは、うちの本だけでなく、売れなくなっていました。住宅関連や車なんかは良かったみたいですが、聞いてみると雑貨屋さんなんかも悪かったみたい。なんかわかる感じがします。

出版業界関係者で話をしていると「生き残こらな」という話がよく出てきます、なにしろ20年近く前年割れで来てる業界ですから、今に始まったことやないんですが、「何のために」というのが重要だと最近とみに思います。「食うために」は、あきませんよね。書店さんは、その本屋さんのある町の知性を担保する存在です、ぼくら出版社も、この国の人たちの知性に貢献しないと、その存在意義はないですよね。

書店の組合さんが「軽減税率」を勝ち取ろうと、署名活動を始めました。出版社にも回ってきます。「消費税増税反対」やったらわかるんです。でも、「自分らだけ安くしてな」とういうのは、例えば、商店街の書店さんなんかは、他のお店になんというんでしょうか。昔から書店さんは商店街のリーダーでした、頭もいいしね。それが、自分らだけはないでしょう。

新聞業界は、「軽減税率」を勝ち取るために、「増税賛成」を積極的にアピールしました、媚びたんですね、「生き残るため」に、恥ずかしげもなく。そして、今回は入れてもらえないということが分かったんで、読売さんなんかは、最後反対基調になってましたが、これは、「次、入れへんねんやったらわかってるやろな」とういうこと、つまり恥ずかしいけど、少なくとも勝てる戦いをしようとしています。翻って書店さんは、ほぼ署名だけ。

もうとにかく勝ち取るねん、ということだったら、書店組合で数千万の年棒で役人に天下っていただくとか、自民党さんの票まとめをするとか、出版社に「増税すべき」というキャンペーンをはらすとかしないといけない。でないと勝てないでしょう。

まあ、署名活動も、新聞社が認められた時に置いてきぼりにされにくいという意味はあると思いますけど。

「軽減税率」が入るとなったら、各業界、「うちが生活必需品や」「うちの方が文化的や」と官僚や政府への陳情合戦になるでしょう、そうすれば、長らく地に落ちっぱなしの、官僚や政治家の価値も大きく持ち直すことができるでしょう。

生き残るためにがんばるんではなく、ちゃんと生きていくことを考えようよと思う、今日この頃でございますよ、ほんま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »