« 2014年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2014年7月

2014年7月25日 (金)

奈良はええなあ

昨日は、奈良県書店商業組合の総会に出席してきました。税理士さんとの決算の打ち合わせが長引いて、いつものように、会が始まって少しして到着、カーナビが言うには間に合うはずだったんですが、すみません。だれにあやまっているのかわかりませんが、受付で、「今日は早いんですね」とベニヤ書店さんに言われたところをみると、いつものことのようです。そんなわけで、総会ゲストの広島の書店さんの講演に途中から入って聞き、終わってから宴席へ。そこで、会長の林田さんから「乾杯のあいさつ、たのむな」、「えっ!」「なんも考えてませんよ」、「大丈夫や、僕が先にあいさつすんねんけど、なんも考えてない」。ちゃんと紙に書いたものを読んではりました。
書店さんの集まりには、全国各地行くんですが、かんぱいはいつも、東京の大手版元さん。一番儲けさせてもらっているから当然だとはいえ、地元の版元がやればいいのにといつも思っていました。例外は、岡山ですね、吉備人出版さんが、時々されます。いいことです。でも、僕とは、都跡小学校、三笠中学、生駒高校と、づっと奈良ですし、いつも、西日本出版社のルーツは奈良やと言い続けていたんで、そのせいかもしれません。奈良の出版社が参加してなかったんで、ねえ、奈良の版元があいさつするという話は、とりあえずは無い話です、今回はね、ぱーぷるさんや、奈良手帖の版元さんとか、無いことはないんですが、次回は出てきてほしいものです。
「奈良の仏像100」「わかる古事記」を作り、「奈良の庭」「くるり葛城飛鳥吉野」「わかる万葉集」を今作っているので、そこで知った、ただ地味なだけではない奈良の奥深さを語り、書店さんも世界に向けて一緒に奈良のすごさを伝えていこうというお話をしました。もちろん、奈良の人たちにも、奈良の凄みを知ってもらうために、伝えていくこともたくさんありますもんね、原点は教養やなあと思う、今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

あちこちに西日本出版社が

ここに書くのは実に半年ぶりの7月、決算月です。今期は、ひさびさの停滞期、ちょっと作る方に時間を取りすぎました。やっぱり本屋さんを丁寧に回らないといけないなあと思い返しています。4月に新入社員が入って、なんかいろいろ楽しくなってきました、この感じがこれから西日本出版社の本に現れてくると思います。

さて、最近苦情の電話が、ぼちぼちと。

どうも、九州に西日本出版社があるようで、教材の訪問販売の会社らしいのですが、ここがお子さんのいる家庭に電話をかけてきて、とにかくしつこく切らないそうです。しかも、電話番号は非通知、あやしいよなあ。
そこで、ネットでうちの電話番号を調べてかけてこられるというわけです。
ちなみに会社名は、本社住所の市町村が違えば、概ね自由につけられるそうなんで、この点で、うちが「あかん」と言える立場ではないんですけど、「うちやないんですよ」というのを理解してもらうまで、ちょっと大変です。
九州なんで、うちを意識した名前ではなくて、西日本新聞さんを意識した社名だと思うのですが。

そして、もうひとつ、中四国方面でもうちの名を名乗って、わけがわからない電話を個人宅にかけている人がいるようです。こちらは、高松からかけている様子。警察にもお願いして動いてもらっているんですが、なかなか捕まらないですね。

みなさま、そんな電話を受けたら、消費者センターかまたは警察に電話してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2017年3月 »