« 兵庫県知事選挙の本を創ることにしました。 | トップページ | 還付金詐欺か? »

2017年7月 8日 (土)

怒涛の一週間

「兵庫知事選記」校正中の中休み、コーヒーブレークです。
しかし、めまぐるしい一週間でした。
月曜日の朝に本書の出版依頼を勝谷さんにしたところから、怒涛の日々。
水曜日には、姫路の高校の先生方の前で講演もしました。
本をどうやって作っているのか、なぜ、東京でなく大阪にいるのかを、先生方の前で話をしてほしいといただいたのは、忘れもしない・・、あれ、忘れとるがな・・数か月前、かな。というわけで、雑誌でうちのの記事を読んで「ぴん」と来て電話をくださったそうです。...
うちの本の話をしながら、本の持ついかがわしい魅力が、いろんなおしゃれなイベンの中で除菌されてしまっているのも子供たちが本を読まない原因かなという話をし、たぶん、有史以来、こんなに日本人が文字を読み、文字を書いている時代はないだろうという話から、でも、ライターさんを見ているとボキャブラリーが無くなっているような気がするという話、言葉の数こそが知性教養なのだという話、先生方はその砦なのだという話をしていたら、1時間半の予定が2時間近くになっていて、うちの本を買ってもらう話をしそびれました、残念。
先生の数は40名ほどだったでしょうか。10冊見本本を持って行っていたので、欲しい先生にプレゼントし、その後、受け取った人は、絶対、その本以上の値段の本を近所の本屋さんで買うようにお願いしました。
もちろん、うちの初期の傑作「ぬーやるばーがーなんたることだ」の著者、姫路出身の、浦谷さおりさんが出版社を立ち上げ「播磨の塗り絵」で大成功している話もしました。
その後、来年出す本のためにロケハンで車を走らせていると、「明日、うちで打ち合わせしようよ」と勝谷さんからメール。
その日は泊まったものの、翌日はロケハンを中止して、勝谷邸に伺いました。
昨日は、飛び込みで取次各社の関西支社と本書の配本の打ち合わせ。電話してアポの入った書店さんチェーンの本部に「今から来るん?」と言われながら飛び込んで配本部数交渉。いやあ、何をやっているのか、みかんやら、の日々です。

|

« 兵庫県知事選挙の本を創ることにしました。 | トップページ | 還付金詐欺か? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560561/65509612

この記事へのトラックバック一覧です: 怒涛の一週間:

« 兵庫県知事選挙の本を創ることにしました。 | トップページ | 還付金詐欺か? »